FC2ブログ

五十肩について述べようと思います

ここ最近、中年以上の方で肩こりがひどくて痛みに変わり様々な治療院に来院される方が目立ちますが、
一般的な筋肉疲労・血行不良の肩こりとは完全に異なる場合が多い肩の痛みがあります。
それは、急に肩周りに痛みを感じて直ぐに治るだろうとそのままにしていると、だんだん 肩が動かせなくなり腕も上がらなくなってきて 特に腕が背中を触ることもできなくなり慌てる場合です。これが典型的な四十肩、五十肩と呼ばれる症状です。40歳代なら四十肩と呼び、一番多いのが50代で発症するので五十肩と呼び、六十肩の方ももちろんいらっしゃいます。 これら全て正式名称「肩関節周囲炎」と呼びます。*時たま、20代でもいます*
「肩関節周囲炎」の時の重要問診⑤チェックはこれです。

①シャンプーするときに腕にツッパリ感の痛みがでますか?

②シャツに袖を通す時に 激痛がでますか?

③エプロンのひもを 後ろで痛みなしに結べますか?

④つり革をつかむといった動作が出来ますか?

⑤ひどくなると 就寝中も肩周りにズキズキと痛む場合があります?

明確な発症原因は実は分かっていませんが、最近の研究データでは「異常な血管とその周りに増えた神経」という説もあります。いずれ治るだろうと放置して、適切な処置を怠ると肩関節が固まって動きがさらに制限され 回復しづらくなります。健癒院では肩関節周囲炎の痛みの度合いに合わせて どの筋肉が拘縮しているかを確認して すぐに指圧、マッサージで固まった筋肉をほぐし、可動域を広げていきます。放置している人ほど 回復するのに時間がかかりますので 痛いな?腕の動きが悪くなってきたなと思ったら 是非健癒院へいらして下さい。肩関節のインナーマッスルである腱(けん)板を強化する リハビリ運動の指導もしますので、多くの方が 痛みから解放されて 喜んで頂いています。 肩関節の動きに?
と思ったらまずは 健癒院でチェックしてみては如何でしょうか。 

スポンサーサイト



話題になっている上野のにある国立科学博物館で開催されている人体の神秘への挑戦がいよいよ明日で最後です。

皆さんは、3月から 国立科学博物館で開催されている
特別展「人体 ―神秘への挑戦―」
行かれましたか?
とうとう、6月17日(日)で 本日で開催終了になります。
連日の満員御礼ですので 延長するかもしれませんね。
すでに 私も健癒院休日に、駆け込みで行ってきましたが、
日曜ということもあり、入場制限を受け 2時間半待ちで入場。
平日行けば良かったと 後悔しましたが、
自分の身体の中の不思議を知るのが、この特別展の魅力で、
貴重な展示物も多くあり 楽しかったです。
今回の人体展はNHKのスペシャルともコラボされています。
最後のブースでは、体内のメッセージ細胞がやりとりしている体の
美しく表現したネットワークシンフォニーは必見です。
もしこのブログを17日午前中までに、確認できた方でまだの方は
是非、最終日は18時までだそうですのでギリギリセーフですよ。
人間の身体って、一口では言い表せないほど緻密にできている
ことに ただただ・・・ 感嘆します。
大事にしましょう、自分の身体のメンテナンスできていますか?
もしメンテナンス出来てなかったら是非、健癒院でメンテナンスしていってくださいね。